東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skyscraper

346万人の乗降客数を誇る新宿。しかし、この賑やかな街も写真の世界では無人の静寂に包まれる・・。

撮影場所:新宿NSビル

やっぱりいいな、ビル夜景

昨日のエントリーで、新宿のビル郡は夜景スポットとしてはイマイチ。と書きましたが、どのビルも展望は素晴らしいのです。ただ、展望室を大々的にプッシュしている都庁があるため、存在感が薄くなってしまうんですよね。もちろん、オフィス&レストラン街なので展望室はオマケに過ぎないのですが、穴場のまま埋もれさせてしまうのも残念な気がします。特にこのNSビル、レストラン外の展望窓は二つしかないのですが、どちらも非常に美しい夜景を見ることができます。周辺のビルが同じくらいの高さなので、眼前に迫ってくるような迫力があります。

新宿夜景、なかなかいいかも^^

摩天楼

新宿には展望エリアの設置された高層ビルが幾つかあるのですが、都庁以外は展望を目的としたものではないので、視界、スペースともに狭く、鑑賞するには適した環境とはいえません。レストランフロアのおまけ的な要素が強く、夜景スポットとしてはイマイチだったりします。が、地上200メートルからの眺めは見事なもので、特に夜景の美しさは抜群です。新宿に来る機会があれば登ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、展望フロアのある新宿のビルは「都庁展望室(北&南)」「新宿住友ビル」「新宿野村ビル」「新宿センタービル」「新宿NSビル」です。他にもあるかもしれません、ご存知の方は教えて下さい。喜んで観に行きます(笑)

撮影場所:新宿センタービル

川を走る道

他の展望室ではあまりお目にかかれない、ここ独特の風景。それが「荒川の上を通る首都高」です。川の上に高速を通しちゃうって発想がすごいのですが、夜景としては地味になってしまう川に道路が一本通ることで光のアクセントになってくれます。

撮影場所:タワーホール船堀

太っ腹EDOGAWA!?

このタワーホール船堀は建物自体が船の形をしており、船体がホールや店舗などの施設、帆が展望室、マストが展望室行きのエレベーターになぞらえてあります。と言う事は帆(展望室)とマスト(エレベーター)は建物の機能上どうしても必要な訳ではなく、展望室のためのみに造られているのです。いいですねぇ、素敵ですねぇ、江戸川区。住んだことはありませんが。

ここのもう一つの特徴は、専用のエレベーターガール&案内嬢がいることです!箱嬢ですよ!東京タワーやランドマークタワーのような有料かつ観光スポットにはいるのですが、無料展望室では唯一かも。いいですねぇ、素敵ですねぇ、江戸川区。住んだことはありませんが。

ところが・・。

感動夜景

ここ、タワーホール船堀はアクセス良し、見晴らし良し、360°ビューと心地良いBGM付き、暖房効き過ぎが玉にキズ・・。地味ながら都内屈指のオススメスポットです。知名度が低いのか、いつ行ってもあまり人はおらず、ノンビリ鑑賞できます。

撮影場所:タワーホール船堀

ルール変更

この展望室での撮影は許可制で、入り口で許可をもらい、撮影許可の腕章を貸し出されます。ところが、いつの間にか腕章は廃止され、撮影は口頭許可のみでよくなっていました。う?ん、腕章が似合うシャツ着て行ったのに・・(笑)

ちなみに、三脚は使用不可なのですが、枠の上にカメラを置いて撮れるのであまり苦になりません。それよりも、いろいろな意味でシンドかったのは・・。
以下次号へ続く。

天候>>>技 + 魂 + 気合い + 愛

夜景を綺麗に撮る方法はいくつかあるのですが、やっぱり天候に敵うものなしですね。先日お届けした北とぴあより今回のSS30の方が遥かに気合入れて撮ったのですが、空を覆いつくさんばかりの雲によりどんよりした仕上がりになってしまいました

撮影場所:SS30

4月バカの馬鹿ぁ!

昨日は4月1日でした。今年こそはエイプリルフールネタをこのブログでもやろうと思って、ネタを仕込んでいたのですが・・・。

忘 れ て い ま し たorz
よし!来年こそは。

瞬間の美

日が沈み、空が完全な闇に覆われる直前、所謂マジックアワーの時間が訪れます。ダークブルーの空に灯る街明かり、夜景の美しさを最も感じる瞬間かもしれません。

撮影場所:北とぴあ

癒しの地方夜景

この夜景は6月に撮ったものですが、この時期にしては空気も澄んでいて視界が良かったと思います。こういう地方の展望台って、高層ビル夜景のようなダイナミックさには欠けますが、あまり混雑もせず、写真を撮ったり休憩したりとノンビリとした時間を過ごせます。ここ最近の首都圏展望室でのヒステリックな三脚禁止論(笑)に辟易した時にはオススメです。
なお、左下部分が紫色になっているのは建物のライトアップが反射しているためです。

撮影場所:アスパム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。