東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の質感

水面に反射する光は水の流れによってゆらゆら揺れていますが、長時間露光をする事によってゆらゆら感が喪失し、のっぺりとした描写になります。隅田川の写真などでそう言った描写をご覧になった方も多い事でしょう。しかし、隅田川は頻繁に船が行き来するため、そのたびに水面が乱れ、抑えたはずのゆらゆら感が写真に写ってしまうんですよね。と言う事は水の質感・・と言うかゆらゆら感を完全に抑えた粘着質な質感(笑)を表現するためには、水面が安定していなければいけません。流れはあっても水面が荒れていてはいけない訳です。当然光の反射もないと質感は出ません。

と言う訳で、強烈な光の反射があり、なおかつ水面が安定している場所として思いついたのがこの「立日橋」です。多摩川に架かるこの橋は橋上から照らすナトリウム灯がとにかく強烈で、水面も非常に安定しています。おかげさまで(?)水飴のようにネッチョリ(笑)した水面を表現する事ができました^^

21(31)mm 20" F8.0 ISO200
撮影場所:立日橋

コメント

こんばんは、レヴィンさん(*^^*)

ナトリウム灯が夜空に輝いていて
水面には光の線を描いていて…
とても心落ち着く一枚ですね(*^^*)

水面の質感もたまらないです!
階段を降りて水面の上を何処までも歩いていけそう…
私も、このような質感が大好きです(*^^*)

海月さんへ

こんばんは、海月さん。

ここってオレンジ一色なんですよね。
ナトリウム灯の光だけが唯一の太陽であるかのごとく・・。
さすがに写真を撮っている人は全くおらず、
いつものように一人の世界を満喫しました^^

写真では潰れてしまってわかりませんが、
実は三脚のふもとあたりまで水があるんですよ。
ここは水面ギリギリまで接近できるので、粘着質な水面に手を触れる事もできます。
汚いからしませんでしたけど(笑)


コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://elwind.blog8.fc2.com/tb.php/391-444860d0
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。