東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の道へ


撮影場所である小山多摩境公園は京王線多摩境駅からスグの場所にある比較的新しい公園なのですが、ここの見所は何と言っても眼下を走る京王線でしょう。画面中央の光の帯は電車の通過した跡なのですが、右カーブを描きながら隣の橋本駅まで続いているのがお分かりいただけるでしょうか?橋本駅へ向かう列車と多摩境駅に向かってくる列車が交錯するまで待ち、長時間露光で光をつなげました。


撮影場所:小山多摩境公園

レヴィン的画像修正論


夜景 光の散歩道?Tokyo Nightview BlogのMakotoさんが画像修正論という非常に興味深いエントリーをあげておられるので、私もそれに便乗して夜景写真における画像修正について触れてみたいと思います。


私自身、夜景においてはトリミングや写っている人やモノを消すと言った事は基本的にしていません。するのはたまたま写った自動車のナンバープレートをぼかし処理したりする程度でしょうか。もちろん、フレアやゴーストもそのままです。正直、撮像素子のゴミくらいは消そうかとも思うのですが、夜景ではあまり気にならないので放置しておく事が多いです。これ以上処理を加えるとCGとの境界が曖昧になってしまうのと、後処理に頼りすぎて撮影がラフになるのを好まないからです。


露出もあまり弄りませんね。夜景撮影において光加減は生命線なので撮影時に慎重に撮っています。RAWであっても明るさを変えながら何枚も撮るケースも珍しくありません。ここで忘れないようにしたいのが、夜間見る液晶画面の明るさと実際PCモニター等で見る明るさを合わせておく事です。これさえしておけば露出を後処理でなんとかしなくてはならないケースは激減します。


私が一番悩むのが「色」です。基本的には水銀灯による緑カブリはほどほどに修正し、ナトリウム灯などのオレンジの光はカメラ任せではオレンジ色が強過ぎるので多少効果を弱める程度にしています。正確な色よりもその場の雰囲気を表現する方に重点を置いていますね。でもこの雰囲気って言うのが曲者で、その時の気分などで結構変わっちゃうんですよね・・・。
例えば今日の写真もRAW現像時には良いと思っていたのですが、今思うともう少し色温度を下げ、マゼンタに振ってもよかったかなと。


私はデジタルから写真を始めたのですが、その割には元画像を大きく変えてしまうことに抵抗が強かったりします^^
デジタルなんだからもっと自由にって思うこともありますが、制約のある中で画を撮るのもなかなか楽しかったりします。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://elwind.blog8.fc2.com/tb.php/162-90ca80ac
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。