東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2009/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2009/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMAGAWAラヴァーズ

華やかな隅田川の橋に比べれば、多摩川に架かる橋には色気がありません。カラフルなライトアップなど望むべくもなく、通行用の街灯が冷たく灯っているだけです。浮かんでいる船も、風情溢れる屋形船などではなく、コテコテの釣り船です。夜景としての魅力は隅田川に遠く及ばないのは誰の目にも明らかです。

しかし、私にとっては生まれた場所にも、育った場所にも多摩川がありました。この川は文字通り故郷でもあるわけです。サイトの方にも書いてありますが、多摩川沿いから眺めた街灯りが私の夜景の原点でもあります。こんな、私にとっての「最高の夜景」を見せてくれる多摩川を、これからも撮り続けていきたいと思います^^

21(31)mm 10" F5.6 ISO200
撮影場所:大師橋
スポンサーサイト

凶兆

月は夜景を撮る私に元気をくれる、まさに夜の太陽とも呼ぶべき存在だった。しかし、この日の月は不気味な色を放ち、私を威嚇するかのような禍々しさに満ちていた。季節に相応しくない冷たい風を背中に感じながら、私は家路を急いだ・・・。

300(450)mm 1/20 F8.0 ISO200
撮影場所:?

襲来

ある日の事でした。三脚を構え夜景写真を撮っていたら、いきなり目の前に閃光が走り、飛行体のようなものが突如現れました。驚きと恐怖のあまり声もでない私をあざ笑うかの如く、その飛行体は白い光を発しながら、ゆっくりと彼方へと飛び去ってゆきました・・・。その後の記憶はポッカリと穴が開いたように抜け落ちているのですが、恐怖のあまり硬直しながらも本能的にシャッターを切り、その飛行体をカメラに収める事に成功していました。これは何か恐ろしい事の前触れではないでしょうか?怖くて夜トイレにも行けません。

21(31)mm 8" F7.1 ISO200
撮影場所:廻田緑地

ひとりきり


物言わぬコンテナ郡、無機質な灯り・・、人造の荒野の中、残された巨大なキリンは漆黒の海を眺めながら何を想うのか・・。


45(67)mm 3" F8.0 ISO200

撮影場所:北部陸橋



ホッとする時間

太陽が姿を消し、街が紫に染まりはじめる。次々と飛び立つ鳥達もお休みの支度を始めるのだろうか?そんな他愛もない物思いに耽る、一日の中で一番ホッとできるひととき・・。

38(57)mm 1/500 F5.6 ISO400
撮影場所:勝島運河

水の質感

水面に反射する光は水の流れによってゆらゆら揺れていますが、長時間露光をする事によってゆらゆら感が喪失し、のっぺりとした描写になります。隅田川の写真などでそう言った描写をご覧になった方も多い事でしょう。しかし、隅田川は頻繁に船が行き来するため、そのたびに水面が乱れ、抑えたはずのゆらゆら感が写真に写ってしまうんですよね。と言う事は水の質感・・と言うかゆらゆら感を完全に抑えた粘着質な質感(笑)を表現するためには、水面が安定していなければいけません。流れはあっても水面が荒れていてはいけない訳です。当然光の反射もないと質感は出ません。

と言う訳で、強烈な光の反射があり、なおかつ水面が安定している場所として思いついたのがこの「立日橋」です。多摩川に架かるこの橋は橋上から照らすナトリウム灯がとにかく強烈で、水面も非常に安定しています。おかげさまで(?)水飴のようにネッチョリ(笑)した水面を表現する事ができました^^

21(31)mm 20" F8.0 ISO200
撮影場所:立日橋

眠りの時・・

人々が眠りにつくより一足先に、彼らは眠りに落ちていった・・。また明日も頑張ろう。

21(31)mm 1/3.3 F6.7 ISO200
撮影場所:大井新幹線車輌庫

断絶

目の前に聳え立つ金網が、私と向こうの世界を分断していた。

21(31)mm 1/2.5 F3.2 ISO200
撮影場所:東京駅前

今日は過去の写真を

今回の写真は2007年末に撮ったものですが、東京駅丸の内駅舎は2012年の完成をめどに復元工事が行われています。新しいビルが立ち並び、周辺の景色も一変したNEW東京。どんな駅舎ができるのか、楽しみに見守ってみたいと思います。あと、個人的な希望ですが、丸ビル以外の展望フロアができると良いなぁ。

もう一つの世界

水面に映るもう一つの世界。

70mm(105mm) 8" F9.5 ISO200
撮影場所:勝島運河

幸せの追加分

展望室からの美しい夜景を堪能した後、外に出たら満月が私たちを迎えてくれました。少しだけ、幸せが追加された気分・・。

16(24)mm 8" F8.0 ISO200
撮影場所:聖路加ガーデン

悩ましいサイトのデータベース化

本家サイトで夜景スポットを紹介しているのですが、基本的に私はHTMLを手書きでシコシコと書いています。もちろんDOCTYPE宣言などはコピペで済ましますが、スポットが追加されるたびに手書きで書いていくのはなかなか面倒なんですよね。新しいコンテンツを作るたびに全ページ書き直し→アップロードし直し・・って言うのもダルいです。現在はまだ掲載スポットの数が少ないため問題ないのですが、今年中に紹介スポットを20?30くらいは増やし、コンテンツも追加したいのでこのやり方では面倒くさくなって、再び長い放置タイムが訪れる危険性大です(笑)

ページのテンプレ化とデータベース化はPHPで組んでしまうのが手っ取り早いのですが、PHPってあんまり良くわからないんだよなぁ。HTMLやCSSは結構簡単ですが、PHPやPerlはチョット敷居高いなぁ。

共有テンプレ「夜の街」スーパーワイド版

現在FC2から共有テンプレートとして配布されている「夜の街(lv-slide)」のスーパーワイド版を作ってみました。lv-slideは記事中に貼れる写真が500ピクセルまででしたが、スーパーワイド版では850ピクセルまでの画像をデザイン崩れを起こすことなく貼る事ができます。しかし、ブログの幅が900ピクセルから1180ピクセルと大幅に広がっているのでご注意下さい。スーパーワイド版はFC2に共有化されていないので、以下の方法で設定してください。やり方は簡単です。

「夜の街(lv-slide)」スーパーワイド版設定方法

  1. 共有テンプレート「lv-slide」をダウンロードする(現在lv-slideをお使いの方は必要ありませんが、ご自身でHTML部分をカスタマイズしている方は再ダウンロードが必要です)。見つけるには作者名「elwind」か名前「lv-slide」で検索できます。
  2. こちらのテキストファイルをダウンロード、もしくは別窓などで開きます。
  3. テンプレート編集画面の「lv-slideのスタイルシート編集」欄に先ほどのテキストファイルの内容をコピー&ペーストして上書きします。この際、以前のテキストの消し忘れがないように注意してください。消し忘れがあるとデザイン崩れ等の原因になります。
  4. 「lv-slideのスタイルシート編集」欄右下の「更新」ボタンを押せば完了です。なお、先ほどテキストファイルをダウンロードした方は捨ててしまって構いません。

大きな写真をサムネイルなしに表示したい方は使ってみてください。

一番星に願いを・・

日が沈み、世界が蒼に包まれる頃、空に輝く一つの光。その輝きに向かって手を合わせ、私はそっと祈った。
「ボーナスちゃんとでますように(T▽T) 」

20(30)mm 20" F11 ISO200
撮影場所:みはらし公園

月へのゴンドラ

ゴンドラに揺られていると、月までも行けるような気がした。

43(64)mm 6" F5.6 ISO200
撮影場所:よみうりランド

マジックアワー

この空を、あなたはどこで眺めているのでしょうか?一人で見上げるには広すぎる、寂しすぎるこの空を・・。

18(27)mm 1/60 F6.3 ISO200
撮影場所:大井埠頭中央海浜公園

東京の中の江戸

隅田川には屋形船が良く似合う・・。

16(24)mm 6.0" F8.0 ISO200
撮影場所:厩橋

光芒とレンズの関係

夜景(だけではありませんが)を絞って撮った時、街灯などの点光源の周りに光芒が現れます。この光芒、実はレンズによって出る本数が決まっています。レンズには絞り羽根と言う絞りを調整する羽根が付いており、絞り羽根が偶数枚なら枚数分、奇数枚なら枚数の2倍となります。今回の写真に使ったレンズは絞り羽根8枚、よって光芒は8本出ていますね。

私は光芒が多い方が好きなので、夜景を撮る時は極力絞り羽根が7枚の別のレンズを使っているのですが、今回は画角の都合上それが使えず、8枚のズームレンズを使いました。やっぱりこの光芒はあまり好きじゃないなぁ。
ちなみに、絞り羽根7枚の写真はこんな感じです↓
   20090426「燃える橋、萌える想い」

直接画質などに作用するものではありませんが、夜景を撮ってみたいとお思いの方は、絞り羽根の枚数などもチェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

そろそろ帰ろう..

彼方に見える橋の明かりは、我が家の窓明かりのような優しさがあった。今日も一日お疲れ様!自分を励ましながら家路に着く。

撮影場所:清洲橋
21(31)mm 3.0” F6.7 ISO200

イロトリドリ

先日の勝鬨橋とは打って変わって、今回は賑やかな橋です。浅草駅近くに架かるこの吾妻橋は、橋そのものも鮮烈な赤を見せてくれますが、周囲のネオンの灯りを組み合わせるとチョットした繁華街のような雰囲気を醸し出します。しかし、このネオンが撮影者泣かせのシロモノ。橋を美しく見せるために露出を上げると看板が飛んでしまい、看板の階調を残すと橋は地味?になってしまいます。

と言う訳で、今回の写真は看板が完全に飛ばないように撮り(一部は飛んでる)、ハイライトをできるだけ生き返らせながら現像し、かろうじてNIKKAの文字が見えるようになりました。夜景を撮っていれば白飛びや黒潰れを完全に防ぐ事は難しいのですが、飛ばすか残すか?潰すか残すか?みたいな駆け引きが面倒くさくもあり、楽しくもあります。

撮影場所:吾妻橋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。