東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2009/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2009/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みどりの風

佃公園内にある「みどりの風」の像です。右側に見える建物は石川島灯台の復元なのですが…。実はトイレになっています。

撮影場所:佃公園

夜景と望遠レンズ

通常、夜景撮影には広角?標準レンズを使う方が多いと思います。私も夜景の大半は21mmの単焦点と、16?45mmの標準ズームを使っています。望遠系はカバンにしまいっ放しになる事も珍しくありません。

先日、某雑誌(だったかムックだったかは忘れましたが)を読んでいて、横浜のコスモクロックを真横から望遠レンズで切り取った夜景写真を見かけたのですが、その大胆な構図に心惹かれました。プロの撮ったものだからうまいのは当たり前なのかもしれませんが、画角の狭い望遠レンズで限られた範囲を切り取るセンスも磨いてみたいものです^^

スポンサーサイト

Towers

そびえ立つビル、横切る橋。

撮影場所:豊海運動公園

東京湾を越えて

殺風景な夜の海に、船の航跡がささやかな彩りを添える。

撮影場所:第三台場

見下ろす

展望室に行くと必ず真下を見てみたくなります。私自身は高所恐怖症なのですが、真下を見下ろした時のムズムズ感がたまらなかったりします(笑)

撮影場所:練馬区役所

定番=陳腐?

美しい場所には何度でも足を運ぶ。当たり前ですが見える景色は一緒。陳腐だ。
でも美しいからまた来てしまう。当たり前ですが見える景(以下ループ)

でもやっぱり好きな場所。

撮影場所:聖路加ガーデン

ルール変更?

先日、この場所を訪れたのですが、以前来た時に比べ若干規則が変わったみたいです。以前は閉館が20:30分だったのが、現在は19:30分閉館。また。禁止事項が以前は飲食と望遠レンズによる撮影だけだったのが、現在はそれに加え三脚使用(撮影そのものは禁止ではない)、長時間の占拠が追加されていました。その経緯は大体想像がつくのですが、展望室(特に都内)のルールがだんだんと厳しくなっていくような感じですね。

まぁ、立派な機材を持った「偉大なる先人」どもの振る舞いを見ていれば仕方ない気もしますね。写真の世界って実は最も世代交代を必要としているのかも。

共有テンプレート「夜の街」

共有テンプレート「lv-slide」が承認されました。以下に簡単な使い方を記しておきますので参考にしてみてください。
以下解説
このテンプレートはタグやクラスを使う事によって幅広い使い方ができるようになっています。以降はHTMLとCSSが理解できる方用の解説ですのでご了承ください。

・段落(<P>タグ)を使えば文の最初の一文字分が空白になります。前後左右に適度なスペースが入るので文章が長くなる場合は段落ごとに<p>タグを使う事をお勧めします。

本日は久々の快晴。意気揚々とカメラ&三脚を担いで夜景撮影に出かけました。絶景スポットを発見し、三脚をセット。後は日没を待つのみ。夜景撮影に最適な時間は空が完全に黒に染まってしまう寸前、時間にすると10?20分の勝負です。

・記事中(左カラム)に画像を貼ることができますが、横幅500ピクセル程でお願いします。それ以上の画像を貼るとデザイン崩れを起こします。大きい画像を使いたい場合はサムネイル方式にすることをお勧めします。 また、画像はブロック要素にしてあるので文章は回り込まず、自動的に改行されます。


・見出し(<H3>タグ)を使えば文中に小見出しを付けることができます(ただし、<H1>と<H2>は別の場所で使っているので文中では使用しないことをお勧めします)。


・おまけ

locationというクラスを設定すると太字&右寄せが行われます。写真ブログなどで撮影場所や使用レンズを記入するなど、ご自由にお使い下さい。
<div class="location">ロケ地:新宿</div>

こんな感じになります。↓
ロケ地:新宿


補足

テンプレートの改造は自由に行っていただいて結構ですが、下部の著作権表示は消さないで下さい。

夜景一歩前

日が沈み、街の灯りがともり始める。と、同時にカメラを持つ手に熱がこもる。夜景の時間はこれからです。

撮影場所:群馬県庁

無機質な夜

コンテナ、貨物線路、強烈なライト。ここには倉庫系(?)夜景の全てがあります。 この写真ではわかり難いですが、遠くに新幹線電気軌道総合試験車(通称ドクターイエロー)が見えます。

撮影場所:大井新幹線車輌庫

GATE

t-20090218.jpg

お洒落水門!?

撮影場所:東品川海上公園

雑踏

途切れることのない人の流れ。どこから来て、どこへ去っていくのか。

撮影場所:新宿

美しき4連アーチ

今回お届けする群馬県庁、室内は広々としておりノンビリと夜景を楽しむ事ができます。特に利根川とライトアップされた群馬大橋を見下ろす事ができる南方面はオススメです。

撮影場所:群馬県庁

2WAY


夜を貫く2本の光。


撮影場所:北部陸橋

春一番とともに


もう昨日になりますが、東京では春一番が観測されました。この時期になると夜景の旬も終わりが近いなぁと言う気分になります。今年はまだ本格的な夜景撮影には出掛けられずにいますが、月末あたりにちょっと遠征に行く予定です。

漁業調査船 開洋丸

出航(たびだち)の日まで。

撮影場所:晴海ふ頭公園

新テンプレート

本日よりテンプレート(ブログの外観)を変えてみました。夜景写真を載せる機会が増えてきた事もあって、「夜」をイメージした作りにしました。まだテスト段階なのでデザイン崩れなどが生じるかもしれませんが、よろしくお願いします!

無音の世界

誰も居ない公園、冷たい夜風を感じつつ向こう岸へ向けてシャッターをきる。

撮影場所:青海南ふ頭公園

向こう岸

今回の写真は望遠レンズで捉えたものなので、実際にはここまで大きくは見えません。ですが、機械の動作する音だけは風に乗って聞こえてくる不思議空間です。

撮影場所:暁ふ頭公園

墜つ

夜空に消えゆく…。

撮影場所:中ノ島公園

青森ベイブリッジ

輝く橋、明かりを反射する川の流れ、優しき街の灯り。美しき「夜景」がまたひとつ。

撮影場所:アスパム

やっぱ東京タワー

東京タワーを見るとどうしても構図に入れたくなります。でも、遠景での東京タワーは綺麗に撮るのが難しいんですよね…。鉄骨の細かな模様が解像し切れず、赤い塊のようになってしまうんですよね。今回の写真も等倍で辛うじて展望台の「TOKYO」の文字が読める程度です。

とは言うものの、これを解像するためには相当な多画素とレンズ性能が必要で、果たして現行のカメラで撮れるのでしょうか。ちょっと興味深いところです。

撮影場所:勝どき

遥かなる横浜

東京湾を挟んで、木更津から横浜を眺める。

撮影場所:太田山公園

Eddie Bauer

天駆ける。

撮影場所:新宿

孤高

隅田川の橋には美しくライトアップされたものがいくつか架かっていますが、この清洲橋はその中でもやや地味な橋かもしれません。しかし、青い橋梁にほんのり灯る赤い光は独特の上品さをたたえています。

撮影場所:清洲橋

キラメキ

ここ、晴海埠頭公園は夜景撮影の練習スポットとして有名です。園内は広く、被写体となるものもたくさんあるので、三脚を広げてのんびり撮影できる上に、バスを使えば東京駅などにもアクセスできるのでオススメです。私も何度か通っていますが、まだまだ撮り足りないスポットでもあります。

撮影場所:晴海埠頭公園

待ち続ける

主の帰りを待つ線路はどこか寂しげ…。

撮影場所:三鷹電車区
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。