東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2008/12≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2009/02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の街

アスファルトに輝く街の明かり。

撮影場所:新宿

雨もたまには

夜景撮影をする際、雨天は忌避される場合が多いのですが、アスファルトに反射する明かりや道行く人々の傘の花など、晴れの日には見られない姿を見ることができます。雨が降っていると撮影意欲が低下する上に、機材の扱いにも気を使わないといけなくなるのですが、たまには雨の日にカメラを抱えて出掛けるのもいいかもしれません。

スポンサーサイト

消灯後

隅田川の橋は22時になると灯りが消えます。撮影を終え、帰り支度をすませた直後、ふっと灯りが消えたので、再び機材を取り出し、撮影しました。

そしてさらに帰りが遅くなるわけです(笑)

撮影場所:越中島公園

幽鬼の森

立ち止まっていると吸い込まれそうな闇夜。

撮影場所:狭山公園

威風堂々

闇夜に聳え立つその姿にしばし言葉を失い、後に夢中でシャッターを切る。

撮影場所:大師橋

駆け抜ける閃光

轟音とともに。

撮影場所:東村山中央公園

夜景美のエッセンス

鉄道、道路、ビルの灯り…。その全てが夜を美しく彩る。

撮影場所:北とぴあ

オススメ!だけど…

本日お届けする北とぴあ(北区役所)。駅近、視界広し、夕日も見える、などなどオススメ要素が満載です。また、線路がすぐ下を通っているので、他のスポットでは見られないチョット独特の夜景(風景)を楽しむことができます。自販機、レストラン、ベンチもアリ。

こんな「超」オススメスポットなのですが、写真を撮るのは少し面倒。通常、展望室は商用でなければ撮影許可は不要です(撮影禁止な場所は除く)。役所などの建物でも多くが不要、必要な場合でも口頭許可でOKな場合が大半です。しかし、ここは撮影許可は書面、しかも事前許可制です。役所と言う場所柄セキュリティに敏感になるのはわかるのですが、チョット面倒ですね^^

メジャー?

心疲れたとき、心落ち着けたいとき、気がつけばこの場所に来ている。もはや第二の故郷かも。

撮影場所:越中島公園

同業者不在

夜景をメインにしているブログ、サイトで隅田川系の夜景を載せていないところはほとんどありません(東京での話)。私は隅田川と言う場所が大好きで、数え切れないほど足を運んでいます。撮影も何度もしています。にもかかわらず、同業者(?)をほとんど見かけた事がないんですよね。もちろん行くのが夜に限定されているためと言うのもあるかもしれませんが、夜景を専門的に撮っている人って実はあまりいないのかもしれませんね。

宴の夜

さぁ、楽しもう。最後かもしれないこの夜を。

撮影場所:第三台場

お台場の今後

お台場のパレットタウン(大観覧車、ヴィーナスフォート、MEGAWEB)が2010年5月までに取り壊される事はご存知の方も多いと思います。その跡地はトヨタと森ビルが買い取り、複合施設ができる事になりました。聞くところによると小型の観覧車も作るとか(笑)

でも、六本木ヒルズや東京ミッドタウンみたいのになるのはチョット勘弁かなぁと思いますね。もちろんこれらが嫌いな訳ではありませんが、あの辺は少しお客さんを選ぶ雰囲気があるし、お台場って誰でも行けるような寛容さがあって好きなんですよね。いずれにしても要注目ですね!

青海ST区画審査結果

Skyscraper

私は夜景を撮る時には必ず三脚を使うのですが、この日は軽快さを重視してみたくなり、軽いレンズのみを持って出かけました。暗いのでISO感度は800に固定。普段使わない絞り優先AEを使って手当たり次第に撮る、撮る、撮る。こんな撮影スタイルもたまにはいいかも。たまには、ね。

撮影場所:都庁前

待機

旅立ちまでのほんのひととき。

撮影場所:成田空港第1旅客ターミナル

出遅れ

今年に入ってまだ一度も夜景撮影に出かけていません。体調が回復していないので夜風に長時間当たる事ができないんですよね。仕事帰りに夜空を眺めながら「今日は夜景が綺麗だろうな?」とつぶやく日々。早くしないと夜景の季節が終わってしまうよ?。

見上げてみれば

レインボーブリッジは、どの角度から眺めてみてもそれぞれ違った美しさを見せてくれます。15歳を迎えたこの橋はこれからも私を魅了し続けるでしょう。

撮影場所:芝浦南ふ頭公園

風を感じながら

山の稜線、尾を引く自動車のライト、一番星。夕景から夜景に変わるひととき…。

撮影場所:多摩丘陵パノラマの丘

三脚Lovers

今更ですが、夜景撮影をする人にとって三脚は必需品です。半身と言ってもいいかもしれません。真の夜景愛好家は三脚を抱き枕にしています。そんな三脚ですが、ただ夜景を撮るだけなら出番はかなり減るんですよね。以前に比べ高感度での画質が良くなった事や手振れ補正機構の搭載により、多少暗くても夜景を撮る事ができるようになりました。

それでは何故三脚なのか?メリットはいくつかあるのですが、最大のメリットは表現方法が広がることでしょうか。今回の写真はシャッター速度8秒、手持ちでは撮れません。自動車のライトを線状に伸ばすためにシャッターを長く開けるのは夜景撮影ではよくある手法ですが、こう言う事ができるのも三脚あっての事ですしね。

それ以外にも「絞って被写界深度を深くできる」「杖代わり」「痴漢撃退に使える」など、魅力いっぱいの三脚。手放せそうもありません。

夜景の基本

闇に浮かぶ街灯り。光跡を残すテールライト。眩しい市街地の光。

撮影場所:高崎市役所

ちょっと基本へ

夜景と聞いて最初に浮かぶイメージは、やはり展望室などから街を見下ろしたいわゆる「宝石箱を引っくり返したような夜景」でしょう。眼下に広がる無数の灯りを目にした瞬間、時は止まり、心が澄んでゆきます。この輝きに心癒されない人はあまりいないのではないでしょうか。

実は私、夜景ばかり撮っている割には展望室とかでは意外と撮っていないんですよね。穴場夜景やマイナーな場所を重点的に撮ってきた結果、夜景の王道とも言える展望室夜景が手薄になってしまったんですね。う?ん…ちょっとマニアックな道に入りすぎたのかも(笑)

今回お届けした高崎市役所は去年末に撮ったものなのですが、王道夜景の素晴らしさを改めて認識させてくれました。東京生まれ東京育ちの夜景愛好家でありながらサンシャインに昇ったことのない私には新鮮な一枚になりました^^

ひとり佇む

一人ぼっちの公園。対岸の光も、飛行機の航跡も寂寥感を埋めるにはあまりに儚い。

撮影場所:暁ふ頭公園

夜景カテゴリ細分化

本日より、夜景カテゴリを細分化してみました。もちろん厳密に区別できる訳ではないのですが、あくまに参考までに。もともとはサイトに掲載できない夜景以外の写真を載せていこうと言うコンセプトで開設した当ブログですが、やはり夜景ブログ化していきましたね(笑)

今回お届けした暁ふ頭公園って、実はお台場から歩いていけるんですよ。住所は江東区青海になりますが、賑やかなお台場からこんなさびしい場所に繋がっているなんてチョット驚きですね。

レインボーブリッジを歩く

レインボーブリッジって歩けるってご存知でいたか?レインボーブリッジは上下2層構造になっていて、上が首都高11号線、下が都道482号線。歩けるのは下の482号線沿い。道路沿いなので騒音が喧しいのが難点ですが、ここならではの景色も楽しめるのでお近くの方は足を運んでみてはいかかでしょうか?

ただ、ここは散歩するには楽しいのですが写真、特に夜景を撮ろうとすると一苦労。三脚が使用不可なうえ、自動車が通るたびに揺れるのでカメラを固定するのが非常に難しいのです。この日の何枚か撮ってみたのですが、ほとんどブレブレで使い物になりませんでした…。

撮影場所:レインボープロムナード

高崎、光のページェント

新年(笑)もイルミ攻め?

久々の更新

怒涛の勢い(?)で2008年を終え、2009年も頑張ろう!と思った矢先、新年早々(正確には年末からですが)体調を崩してしまいました。完全に回復したわけではないのですが、ぼちぼち更新を開始したいと思います。

さて、今回の「高崎、光のページェント」実は2006年末にも行ったのですが、その時とはだいぶ違う内容になっていました。前回は動物などをモチーフにしたものが多く、オブジェは高崎市役所前に集中していたのですが、今回はオブジェはあまりなく、市役所から駅までの街並みそのものがライトアップされているようなイメージですね。こういった毎回変わる内容のイルミもいいものです^^

新年

新年へバトンタッチ。

撮影場所:羽田

あけましておめでとうございます!

いよいよ2009年のはじまりです。皆様はどのようなお正月をお過ごしでしょうか? 私はと言えば、年末から風邪に悩まされ、寝正月になってしまいました…。体調はそう悪くないのですが、咳が止まらず、うがいに明け暮れる正月です(笑)

昨年末の怒涛のイルミ特集も無事終了し、やや燃え尽き症候群の私ですが、夜景シーズンはまだまだこれから!早く体調を整え、頑張りたいと思っています。暗いニュースばかりの現在ですが、少しでも心癒される夜景を撮りたいと思っていますので、今後ともよろしく願いいたします。

※今回の写真は初日の出ではありません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。