東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2005/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2005/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラマンダー




赤く燃える金網、空を舞う巨竜、港町ヨコハマを襲う灼熱の炎。
・・って遊びすぎですね^^
やっぱり夜景撮影はいいものです。昼間では撮るのに必死でここまで遊べません(笑)


撮影枚数が5000枚を突破しました!
夏が終わり、涼しくなるにつれ加速度的に枚数が増えていきました。
これから冬になればさらに増えるかな。
撮影場所:大さん橋埠頭
スポンサーサイト

トロピカル


葉

中央の小さな葉にピントを合わせようとして失敗した事は秘密です(笑)
撮影場所:神代植物公園

船着き場に咲く花


船と観覧車

人気の失せた船着き場、寂しく揺れる船。
遠くに見える花は葛西臨海公園の観覧車です。
それにしても・・左隣のプロ○スの看板、目立ちすぎ。


夜景に関してはカメラを向けた瞬間に画が頭の中でイメージできます。
だから非常に気楽に撮れますね^^
ほかの被写体でもそうだといいのですが、実際は仕上がりを見るまでガクブルもんですよ。
撮影場所:夢の島マリーナ

ちょっと意外な一枚


睡蓮

花についた水滴が綺麗だったのでもう少し寄って撮りたかったのですが、さすがに水上の花に寄るのは難しいです。


それにしても・・。正直、私がこう言った写真を撮る事になるとは思いませんでした。夜景一筋だった頃が少し懐かしかったり(笑)
写真ブログを始めて、多くの他所様のブログを拝見しているうちにかなり影響されているんですね?。こうやって幅が広がっていくのも楽しいかも。
しかしながら、今でも夜景以外の写真をアップする事に若干の躊躇いがあったりもします^^
撮影場所:神代植物公園

雁字搦め


縄

人は誰でもいろいろなものに縛られています。
立場だったり、境遇だったり、はたまた心の牢獄だったり・・。
そういったものを解き放つ事ができれば人はどれ程気楽に生きられるものでしょうか。


写真もそれと同じで、その人の「作風」と言うものに雁字搦めにされてしまいます。もちろん、それは個性となって昇華されるものなのですが、たまに自分の作風を壊してみたくなりますよね。
それが自由自在にできる人の作品は神々しいまでに輝いています。



おっと。柄にもない事を書いていたら眠くなってきちまったよ。おやすみなさいませ。
撮影場所:天王洲

時を待つ線


豊洲

再開発中の街、豊洲。
街だけではなく、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)にも新たに「有明テニスの森」「市場前」「新豊洲」「豊洲」と4つの駅が誕生します。
東京の湾岸がますます面白くなりそうです^^
撮影場所:豊洲

ゆれる街の灯


なぎさの森

空よりも青い水の流れ、目覚め始める街の灯。
晴天続きですね^^ この天気、週末までもてばいいなぁ。
撮影場所:なぎさの森

沈む夕陽に・・




今までの不調がウソのような最高の天気になりました。
これからは夜景好きにはたまらない季節に突入していきます。


今年の冬はぜひ函館に行きたいですね?。4年前に一度行った事があるのですが、函館山の感動をもう一度味わいたいものです。
それとも新しい五稜郭タワーができる来年4月まで待つかなぁ・・。
札幌の藻岩山も一度は見てみたいし、嬉しい悩みです^^
撮影場所:聖路加ガーデン

移りゆく時間


夕暮れ

沈む夕日、鉄橋のシルエット、薄く広がる雲・・。
昼から夜へバトンタッチ。
撮影場所:是政橋

ふたり


レインボーブリッジ

この「瞬間」が永遠に続きますように・・。
撮影場所:アクアシティお台場

空と緑とピンクの花


バラ

右下にピンク、中央に緑、左上に青。バラと草と空を組み合わせてみました^^
撮影場所:神代植物公園

蓮?睡蓮?


蓮?睡蓮?

実は私、蓮と睡蓮の違いがわかりません。
っていうか同じものだと思っていました(笑)
う?んと、葉っぱに切れ込みが入ってパックマンみたいなのが睡蓮、切れ込みがないのが蓮です!
じゃあこれは!





葉っぱ写ってないじゃんorz
撮影場所:神代植物公園

夜のコスモス


コスモス

夜の花撮影は難しいです。特にコスモスのように風に揺られやすい花はブレてしまう事が大半です。でも、フラッシュを使うとせっかくの色合いがなくなってしまうんですよねぇ。
そんな中、比較的まともに(笑)撮れたものをご紹介します。


それにしても・・。
いつまでこんな天気続くのでしょうか。太陽、サボりすぎ?。
撮影場所:多摩センター

雨の豊洲


豊洲

最近は天気に恵まれない日が続きますね・・。
だからと言う訳ではありませんが、今日は雨の日の一枚を。
撮影場所:豊洲

花びらの迷宮


バラ

この花、花壇の少し奥の方にあったので三脚を使うことができませんでした。
でも、絹のような花びらが美しく、どうしても撮ってみたかったので片手でカメラを持ち、腕を伸ばして無理な体勢で撮影しました。
う、腕がつりそう・・(笑)


それにしても、こういう場所は多くの人がカメラを手に歩いていますが、デジタル一眼の普及率や相当なものですね。
もはやデジ一はお気軽に持ち歩ける道具なのかも。
撮影場所:神代植物公園

とある休日


新宿

カメラ片手に街をのんびり歩く。気が向いたら近くの喫茶店で冷えたアイスコーヒーを・・。至高の時間ですね^^
最近は天気に恵まれず、こういった機会がなかなか得られないのが残念です。
撮影場所:新宿

かもめさんの向こう側


船

空が青ければ文句ナシだったのですがあいにくの曇り空でした。
旅行には運も必要な事を改めて実感^^
撮影場所:秋田ポートタワーセリオン

二大怪獣、東京を襲撃


公園

逃げ惑う人々、悲鳴、瓦礫の山と化した街・・。


な訳ありません(笑)
ここは公園全体にタイヤが置いてあり、休日には多くの家族連れで賑わっています。
撮影場所:タイヤ公園

ススキ


ススキ

本日はシンプルに・・。
撮影場所:多摩中央公園



こんなニュースが載っていました。
キヤノン、ニコンの双璧にソニー+コニミノ、松下+オリンパス、三星+ペンタックスが追撃!ってなったら面白そうなんですが。
光学技術だけ持っていかれて捨てられそうな気がします・・。

この箱何の箱?




闇夜に浮かぶ錨、遠くで休むキリン3頭。


実はコレ、ゴミ箱なんですよ。ゴミを棄てるのも憚られる洒落たデザインです(笑)
撮影場所:青海南埠頭公園

不思議コラボ


五重塔

五重塔と森ビル。新と旧の不思議な共演。
撮影場所:池上会館

3隻の船


雲鷹丸

妖しく光る青い船、どんより雲、クレーン。


いまやオフィス街として有名になった品川。しかし10分少々散歩すればこんな「水辺」を眺めることができます。
某CMではありませんが、東京砂漠の中のオアシスと言った感じでしょうか。
撮影場所:天王洲

青空スタジアム


グラウンド

無人のグラウンド、ガントリークレーン、コンテナ。
微妙なアンバランスさ加減が好きです^^
撮影場所:北部陸橋

季節外れの掘り出し物


花

6月に撮ったものなので季節外れですが、仕上がりが気に入っているので掲載しちゃいます。
妖艶に輝く水滴、出番を待つ蕾。


う?ん。いかにもCanonチックな写真です(笑)
なぜ?と言われるとうまく答えられないのですがね^^
撮影場所:多摩川台公園

闇に伸びる影


秋葉台公園

静まりかえった園内、樹木に反射する光、伸びる何者かの影・・。


って私なのですがね(笑)
撮影場所:秋葉台公園

さまよえる幽霊船


雲鷹丸

乗組員のいない船、青白く光る船体、はるか遠くの東京タワー。


もちろんこの船は幽霊船などではなく、東京海洋大学(旧:東京水産大学)の研究練習船「雲鷹丸(うんようまる)」です。
この船がライトアップされている時間は日没後2時間のみなので意外と見る機会に恵まれなかったりします。
撮影場所:天王洲

小坊主さん




4頭身バディとパッチリとした瞳がちと可愛らしいです。
微妙に苔生しているところもご愛嬌。
でも背後の景色は‥。
撮影場所:池上本門寺

夜をこえて


道

カーブを駆け抜ける一筋の光。


余計な光は入れたくなかったので対向車が来ない隙を狙って撮りました。
タイミングが訪れるまで三脚を構えてぼ?っと待っていました(笑)
撮影場所:いろは坂桜公園

遺棄モノ


棄てられた自転車

棄てられた自転車、失われた前輪、絡まる草。
かつては地を駆けた鉄の馬も今は悲しく佇むのみ・・。
撮影場所:城山公園

炎のように




燃えさかる赤、ささやかな抵抗を試みる青。
一応信号が青になるのを待って撮りました(笑)


やはり夕景は難しいと実感させられる一枚です・・。
撮影場所:八潮
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。