東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の質感

水面に反射する光は水の流れによってゆらゆら揺れていますが、長時間露光をする事によってゆらゆら感が喪失し、のっぺりとした描写になります。隅田川の写真などでそう言った描写をご覧になった方も多い事でしょう。しかし、隅田川は頻繁に船が行き来するため、そのたびに水面が乱れ、抑えたはずのゆらゆら感が写真に写ってしまうんですよね。と言う事は水の質感・・と言うかゆらゆら感を完全に抑えた粘着質な質感(笑)を表現するためには、水面が安定していなければいけません。流れはあっても水面が荒れていてはいけない訳です。当然光の反射もないと質感は出ません。

と言う訳で、強烈な光の反射があり、なおかつ水面が安定している場所として思いついたのがこの「立日橋」です。多摩川に架かるこの橋は橋上から照らすナトリウム灯がとにかく強烈で、水面も非常に安定しています。おかげさまで(?)水飴のようにネッチョリ(笑)した水面を表現する事ができました^^

21(31)mm 20" F8.0 ISO200
撮影場所:立日橋
スポンサーサイト

もう一つの世界

水面に映るもう一つの世界。

70mm(105mm) 8" F9.5 ISO200
撮影場所:勝島運河

幸せの追加分

展望室からの美しい夜景を堪能した後、外に出たら満月が私たちを迎えてくれました。少しだけ、幸せが追加された気分・・。

16(24)mm 8" F8.0 ISO200
撮影場所:聖路加ガーデン

悩ましいサイトのデータベース化

本家サイトで夜景スポットを紹介しているのですが、基本的に私はHTMLを手書きでシコシコと書いています。もちろんDOCTYPE宣言などはコピペで済ましますが、スポットが追加されるたびに手書きで書いていくのはなかなか面倒なんですよね。新しいコンテンツを作るたびに全ページ書き直し→アップロードし直し・・って言うのもダルいです。現在はまだ掲載スポットの数が少ないため問題ないのですが、今年中に紹介スポットを20?30くらいは増やし、コンテンツも追加したいのでこのやり方では面倒くさくなって、再び長い放置タイムが訪れる危険性大です(笑)

ページのテンプレ化とデータベース化はPHPで組んでしまうのが手っ取り早いのですが、PHPってあんまり良くわからないんだよなぁ。HTMLやCSSは結構簡単ですが、PHPやPerlはチョット敷居高いなぁ。

東京の中の江戸

隅田川には屋形船が良く似合う・・。

16(24)mm 6.0" F8.0 ISO200
撮影場所:厩橋

光芒とレンズの関係

夜景(だけではありませんが)を絞って撮った時、街灯などの点光源の周りに光芒が現れます。この光芒、実はレンズによって出る本数が決まっています。レンズには絞り羽根と言う絞りを調整する羽根が付いており、絞り羽根が偶数枚なら枚数分、奇数枚なら枚数の2倍となります。今回の写真に使ったレンズは絞り羽根8枚、よって光芒は8本出ていますね。

私は光芒が多い方が好きなので、夜景を撮る時は極力絞り羽根が7枚の別のレンズを使っているのですが、今回は画角の都合上それが使えず、8枚のズームレンズを使いました。やっぱりこの光芒はあまり好きじゃないなぁ。
ちなみに、絞り羽根7枚の写真はこんな感じです↓
   20090426「燃える橋、萌える想い」

直接画質などに作用するものではありませんが、夜景を撮ってみたいとお思いの方は、絞り羽根の枚数などもチェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

そろそろ帰ろう..

彼方に見える橋の明かりは、我が家の窓明かりのような優しさがあった。今日も一日お疲れ様!自分を励ましながら家路に着く。

撮影場所:清洲橋
21(31)mm 3.0” F6.7 ISO200

心照らす光

誰も居ない、何も聞こえない・・。静寂と闇に包まれたかのような世界の中、仄かな月明かりが私の心を照らす。

撮影場所:大島小松川公園

重なり合う道

本日は久しぶりに隅田川の橋をお届けします。左側を走っているのは首都高6号向島線で、見える橋は蔵前橋です。隅田川の橋と言えば永代橋や勝鬨橋と言った、美しくライトアップをされている橋が思い浮かびますが、厩橋や蔵前橋、駒方橋などライトアップのされていない橋もそれぞれ違った造形が施されており、見ていて飽きないものです。

撮影場所:厩橋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。