東京のおもひで ?Tokyo Memories?

夜景サイト「風のらくがき」の別館です。ここでは夜景だけでなく、様々な写真を掲載していきます。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテナとクレーン

コンテナとクレーン

わずかに残った「蒼」がガントリークレーンの「赤」を一層引き立たせていた。

撮影場所:みなとが丘埠頭公園
このスポットの詳細
撮影データ:90(135)mm F8.0 3" ISO200
スポンサーサイト

ふたりで眺める

ふたりで眺める

ふたりの見つめる先には・・。

ガントリークレーンとコンテナ

冷たい風を感じながら佇む水辺、向こう岸に見える色とりどりのコンテナがとても美しかった…。

120(180)mm F10 6" ISO200
撮影場所:青海南埠頭公園

明日は雨?

明日・・と言うかすでに今日ですが、いよいよイルミデビューの予定だったのですが、夕方から雨になるとか。今年の冬は雨が多い気がします。イルミは通常の夜景ほどには天候の影響を受けにくいのですが、やっぱり鬱陶しいですよね。とりあえず都心部をいくつかまわる予定だったのですが、天候によっては室内イルミに切り替えようかな・・・って室内イルミってあったかな??

ひとりきり


物言わぬコンテナ郡、無機質な灯り・・、人造の荒野の中、残された巨大なキリンは漆黒の海を眺めながら何を想うのか・・。


45(67)mm 3" F8.0 ISO200

撮影場所:北部陸橋



無人駅

来る事の無い列車を待ち続ける駅。

撮影場所:旧横浜港駅プラットホーム

隠れたお薦めスポット

この旧横浜港駅プラットホームは、赤レンガ倉庫のすぐ近くにありながらあまり人の居ない穴場スポットです。ここに限らず、横浜の夜は被写体になるものが多く、歩いていて飽きません。いずれはカメラ片手にガッツリ撮り歩いてみたいものです^^

Cool Blue

ひんやりとした駅の質感と赤レンガ倉庫の赤い光が美しいコントラストを奏でてくれます。
以下、正面にある案内板からの引用です↓

 『「横浜港駅」は、明治44年(1911)、横浜税関の荷扱所としてつくられ、大正9年(1920)7月23日、「横浜港駅」となり東京駅から初の汽船連絡列車が乗りいれました。列車はその後、「岸壁列車」などと呼ばれて親しまれました。関東大震災の復興期、昭和3年(1928)当時の花形外航ターミナルにそって旧「横浜港駅」の「プラットホーム」が設けられ、華やかな海外航路時代の最盛期をむかえました。「赤れんがパーク」の休憩所として保存再利用にあたり、傷んでいた上屋は新材料で復元しています。』

撮影場所:旧横浜港駅プラットホーム

夜のキリン

鋼鉄のキリンは休んでいる時でさえ見る者を圧倒する。等間隔にならぶその姿は思わず見とれる程の「美」があります。

撮影場所:青海南埠頭公園

壁紙提供開始

サイトの方で2008年イルミネーション壁紙の提供を開始しました。やや時期を逸した感がありますが、73種類365枚とボリューム満点なので、是非ご覧下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。